当社の企業理念は「品質立社」
「品質第一」をモットーに、全社員が日々努力し、お客様へ提供させて頂いています。

各種検査装置

半田クリーム外観検査機

半田印刷した基板を3D検査しています。不良率の殆どを占める半田印刷工程の段階で不良検知し、印刷条件の改善をします。

X線検査機

通常の通電検査や、画像検査では確認できない場所も、X線を使用することで、基板と部品の内部の状態を確認することで、品質の裏付けを取っております。

3D画像外観検査機

基板を3D画像により検査しております。基板上でのチップのズレや傾きなど、画像により瞬時に判断しております。

目視外観検査

精度の高い3D画像概観検査で注意とされた基板については、実際に目視にて外観検査が行われます。

部品ロットトレーサビリティー

部品及び基板をバーコード・QRコードで管理することにより、徹底的なトレーサビリティーを確立しています。 基板には実装ラインの最初にある「レーザー刻印機」によって独自のQRコードが刻印され、トレーサビリティーに活用されます。

ISO9001による品質改善と維持継続

当社では、ISO品質マネジメントシステムを維持継続しております。
常に品質に関するのPDCAをスパイラルアップすることで、より高品質な製品をお客様にお届けできるように日々改善を積み重ねております。

また、工程内の不良もイチ早く前工程にフィードバック、すばやいスピードが高品質・高信頼性を生み出しております。

鉛フリーに関するノウハウを保有

昨今、環境要求から鉛フリーへの移行が急激に進んでおります。
当社では鉛フリーに早期から着手して約10年になります。( 2007年にISO9001品質マネジメントシステム取得 )
鉛フリーに関するノウハウを保有して、難易度の高い要求にも対応できる技術を蓄積して参りました。